プロフィール

私のサイトへようこそ!私の名前はボビー・テオといいます。産婦人科医です。

私は、シドニーのランドウィックにあるプリンス・オブ・ウェールズ・ホスピタル(POWP)とロイヤル・ホスピタル・フォー・ウーマン(RHW)で勤務しています。ダーリングハーストのセント・ビンセンツ・プライベート・ホスピタルでも専門医の資格を持っています。

私はシドニー大学医学部を卒業した後、RHWで産科と婦人科の研修を4年で終え、婦人科骨盤手術のフェローとしてセント・ビンセンツ・ホスピタルに移りました。ここで、高レベルな腹腔鏡手術や骨盤底疾患の治療において更なる技術習得に邁進しました。その後、海外で経験を積みたいと思い、英国のサリスブリー病院とマタニティーで有名なクイーン・シャーロット&チェルシー・ホスピタルに勤務しました。

2年間英国の美しい気候を堪能した後、シドニーに戻ってRHWのスタッフスペシャリストとして妊娠中のケアや出産の立ち会い、ハイリスク妊娠クリニック全般を担当しました。私は、教えることにも生き甲斐を感じています。インターンを終えた病院研修医などの研修も必要不可欠だと考えていますし、最近はチャールズ・スチュワート大学の助産婦も教えています。ニューサウスウェールズ大学では講師の一人として、医学生のメンターや教師も務めています。

私は12年間、産婦人科医として経験を積んできました。(外見は若く見られがちですが、実はそうでもないのです。。)出産という女性とその家族にとって人生で最も大きなイベントの一つに関われることに仕事のやりがいを感じます。

私の趣味は料理とワインです。婚約者と一緒に家で新しい料理に挑戦するのも楽しいですし、美味しい店探しにも余念がありません。コーヒー作りにもこだわります。ワインですが、コレクションは増えていくばかりでどうも飲む機会が少ないのだけが残念です!